CINEMA NOTE

【映画のあらすじ l 解説 l 考察 l ネタバレ l 感想 l レビュー】

映画『キャロル』は何が何だかさっぱり分からない映画【ネタバレなし】

映画キャロル 2015年

http://imgc.nxtv.jp/img/info/titspot/00025/SID0025850_fwxga.png

再生時間:118

キャロルについて

『キャロル』はパトリシア・ハイスミスの小説『The Price of Salt』(1952年)を原作に、トッド・ヘインズ監督の手で2015年に映画化され、批評家から絶賛された作品だ。1950年代を舞台に、2人の女性とその秘められた情事を描いたこの作品をめぐって、これまでとは性格の違ったファンダムが形成されている。

オンライン時代のカルト作品──映画『キャロル』が再び注目される理由 | WIRED.jp

 「太陽がいっぱい」「殺意の迷宮」などで知られる作家パトリシア・ハイスミスの小説を基にしたラブロマンス。同性ながらも強く惹(ひ)かれ合う女性たちに待ち受ける運命を追い掛ける。メガホンを取るのは、『エデンより彼方に』『アイム・ノット・ゼア』などのトッド・ヘインズ。『ブルージャスミン』などのケイト・ブランシェット、『ドラゴン・タトゥーの女』などのルーニー・マーラが共演。彼女らの熱演はもとより、舞台となる1950年代初頭のニューヨークを再現した美術にも注目。

解説・あらすじ - キャロル - 作品 - Yahoo!映画

受賞について

video.unext.jp

キャスト・スタッフ

ルーニー・マーラーのヌードシーンあり。

キャロル
あらすじ

1952年のニューヨーク。デパートでアルバイトをするテレーズ(ルーニー・マーラ)は、娘へのプレゼントを探すキャロル(ケイト・ブランシェット)に応対する。優雅で気品に満ちた美しさを誇るも、謎めいたムードもある彼女に魅了されたテレーズ。彼女にクリスマスカードを送ったのを契機に、二人は会っては話をする仲になる。娘の親権をめぐって離婚訴訟中の夫と争うキャロルと恋人からの求婚に思い悩むテレーズ。そんな中、彼女たちは旅行に出掛けるが……。

解説・あらすじ - キャロル - 作品 - Yahoo!映画

個人的評価

映画の満足度★★☆☆☆

感想・レビュー

 ドライブ、レズビアン、以上。原作はパトリシア・ハイスミスなので、サスペンスを期待したが、サスペンスでもなく、なんだか全然わからない映画。ルーニー・マーラは無表情の役ばっか。いつ見ても、ルーニー・マーラ。ファッションも素敵だし、映像はきれいなので、眺めている分には良い映画。
video.unext.jp