CINEMA NOTE

【映画のあらすじ l 解説 l 考察 l ネタバレ l 感想 l レビュー】

たった数日で転落する成金夫婦の話『ギリシャに消えた嘘』【ネタバレあり】

ギリシャに消えた嘘 2014年

http://imgc.nxtv.jp/img/info/titspot/00029/SID0029177_fwxga.png


再生時間:96分

video.unext.jp

ギリシャに消えた嘘について

太陽がいっぱい」「リプリー」の原作者として知られるパトリシア・ハイスミスのサスペンス小説「殺意の迷宮」を、今作が初監督となる「ドライヴ」の脚本家ホセイン・アミニにより映画化。1962年、ギリシャアテネでツアーガイドをしているアメリカ人青年ライダルが、パルテノン神殿で優雅なアメリカ人紳士チェスターとその妻コレットと出会う。夫妻に魅了され、彼らのガイドを務めるライダルだったが、チェスターがホテルの部屋に現れた探偵を殺害し、ライダルがその後始末を手助けしたことから3人の運命は激変。警察にも追われる身となった3人は、後戻りできない破滅への道を突き進んでいく。紳士とその妻にビゴ・モーテンセンキルステン・ダンスト。ライダル役に「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」のオスカー・アイザック

ギリシャに消えた嘘 : 作品情報 - 映画.com

ギリシャに消えた嘘
あらすじ

パトリシア・ハイスミスの傑作小説「殺意の迷宮」を映画化したサスペンス
1962年、ギリシャアテネでツアーガイドをしているライダルは、アメリカ人紳士・チェスターとその妻・コレットと出会う。ライダルは彼らのガイドを務めることになるが、その夜、チェスターがホテルで殺人を犯したことから、3人の運命は激変する。

「ギリシャに消えた嘘」(洋画 / 2014年)の動画視聴・あらすじ | U-NEXT

キャスト・スタッフ
ストーリー ※ネタバレあり

玉の輿婚したはずが、夫が仕事で失敗。旅行先のギリシャで、アクシデントで調査に来た探偵を殺してしまう。夫婦はギリシャで出会ったアメリカ人ガイドとともに逃亡することになるが、妻もアクシデントで死んでしまう。逃亡中の夫は、妻の死体そのままに逃亡。最終的には夫も死亡。つい数日まで裕福な夫婦だったのが、一気に転落して行く様子を描いた映画。

個人的評価

映画の満足度★★☆☆☆

感想・レビュー

つい数日前まで優雅に旅行していた夫婦があっと言う間に転落していく様子は観ているだけで疲れる。「お風呂に入りたいだろうなー」ばかり気になっちゃうし。とはいえ、そもそも夫がアメリカで詐欺行為を働いたから、こんな事態になったので、なるようになっただけの話ではある。サスペンス風だけど、単に夫婦とガイドが逃げている様子を追っているだけなので面白くはない。

video.unext.jp