CINEMA NOTE

【映画のあらすじ l 解説 l 考察 l ネタバレ l 感想 l レビュー】

プラトニックラブとバイオレンス。映画『ドライヴ』のカッコつけが過ぎる【ネタバレあり】

ドライヴ 2011年

http://imgc.nxtv.jp/img/info/titspot/00018/SID0018895_fwxga.png

再生時間:100分

ドライヴについて

スタントマンと逃がし屋の二つの顔を持つドライバーの姿をクールに描き、欧米の評論家の称賛を浴びたクライム・サスペンス。昼と夜では別の世界に生きる孤独な男が、ある女性への愛のために危険な抗争へと突き進んでいく。メガホンを取ったデンマーク人監督ニコラス・ウィンディング・レフンは、本作で第64回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞。『ブルーバレンタイン』のライアン・ゴズリングと、『17歳の肖像』のキャリー・マリガンの演技派が出演。緊迫感あふれるバイオレンスとフィルム・ノワールのような雰囲気、ジェットコースターのような展開から目が離せない。 

解説・あらすじ - ドライヴ - 作品 - Yahoo!映画

受賞について

カンヌ国際映画祭 監督賞受賞

キャスト・スタッフ
ドライヴ
あらすじ

天才的なドライブテクを武器に、昼は映画のカースタント、夜は強盗逃し専門の運転手をしているドライバー(ライアン・ゴズリング)。ドライバーはアイリーン(キャリー・マリガン)にひそかに思いを寄せていたが、彼女には服役中の夫スタンダード(オスカー・アイザック)がいた。ある日、服役から戻ってきたスタンダードがガレージで血まみれで倒れている姿をドライバーが目撃し……。

解説・あらすじ - ドライヴ - 作品 - Yahoo!映画

video.unext.jp

ストーリーと解説
※ネタバレあり

キッドについて
自動車修理工場の雇い主シャノン(ブライアン・クランストン)にキッドとよばれる修理工の男(ライアン・ゴズリング)が主人公。彼は昼はカースタントのバイト、夜は強盗を逃がすためのドライバーをしている。尚、武器は持たず、強盗は運転のみの参加。

アイリーンとの出会い
キッドは引っ越したアパートで隣人で子持ちのアイリーン(キャリー・マリガン)に恋をする。キッドはアイリーンと子供を連れてドライブに行ったり、良き隣人として付き合いながら、これから?という時に服役中のアイリーンの夫スタンダード(オスカー・アイザック)が出所することに。

夫スタンダードのトラブル
スタンダードは出所するも刑務所の中で借金を作っており、その返済のため、クック( ジェームズ・ビベリー)という悪党に、ブランチ(クリスティナ・ヘンドリックス)と共に質屋を強盗をするよう強要される。事情を知ったキッドはスタンダードとブランチのドライバーを引き受けることに。

質屋強盗事件
強盗事件の当日、強盗を追え、ブランチは車に戻ってきたものの、なかなか戻って来ないスタンダード。やっと質屋から出てきたところを、スタンダードは質屋の店員に撃たれて死んでしまう。

仕方なくスタンダードを置いて、逃走するキッドとブランチ。後ろから謎の車が追ってくるも、キッドのドライビングテクニックで振り切り、キッドとブランチはモーテルに避難する。

そこでキッドはブランチから、クックがスタンダードを嵌めていたことを聞く。ブランチ自身は追って来た車が金を奪う予定だったことは知っていたが、本当は4万ドルを強盗する予定だったが、実際に手に入れたのが大金であったことは知らなかったし、死人が出ることも聞いてなかったとキッドに話す。そこへ殺し屋2人がやって来て、ブランチを射殺。キッドは殺し屋2人を仕留めたものの負傷し、修理工場のシャノンに助けを求めに行く。

事件の真相
事件の黒幕はピザ屋(中華?)のニーノ。ニーノがマフィアの金が質屋にあることを知っており、クックを使ってスタンダードに強盗させ、その金を別の車で奪わせるつもりだった。しかし、キッドが金を持ったまま逃げ切ってしまったため、計画が狂ってしまったのだった。バーニー(アルバート・ブルックス)はニーノの相棒だが、ニーノはこの件についてはバーニーに話をしていなかった。

シャノンのポカ
ニーノ、バーニーとは旧知の仲である車の修理工場のシャノンは、バーニーにキッドは全てアイリーンのためにやったことであり、金を欲しいとは望んでいない、金を返して解決しようと持ち掛けてしまう。

キッドとアイリーン
キッドはアパートのエレベーターの前で、アイリーンにスタンダートが死んだ経緯を話し、裏目に出てしまって申し訳ないと詫び、金は奪ったからアイリーンが望むなら金は渡すと話したところ、アイリーンに平手打ちを食らってしまう。しかし、キッドは怯まずに、その金で別の土地で一緒に暮らさないかとアイリーンに打診するが、ちょうどエレベーターが来てしまい、アイリーンは何も答えないまま、キッドとアイリーンはエレベーターに乗り込む。エレベーターにはもう1人男が乗っている。

エレベーターに乗っている男はニーノが派遣した殺し屋。キッドは彼が殺し屋だと気づいているものの、キッドは殺し屋に背を向けて、アイリーンにキスし始める。それに応えるアイリーン。よいころ合いを見計らって、殺しにかかる殺し屋。キッドは鮮やかに殺し屋を倒し、執拗に頭を踏み続ける。その姿を見て、ドン引きするアイリーン。

ニーノとバーニー
バーニーはマフィアの金を奪ったことがバレると自分たちが危ないため、ニーノにこの話を知っている人間は全て殺さないといけないと話し、その場にいたクックを殺害、その後シャノンの元を訪れ、シャノンも殺害する。

ニーノを殺害
一方、キッドはニーノを待ち伏せ、車でニーノが乗った車に追突し、崖から海岸に転落させる。そして車から這い出てきたニーノを海で殺害する。

バーニー vs キッド
この時点で生き残りは、バーニーとキッド、アイリーンのみ。バーニーはキッドに翌日、中華料理店に来るよう指示。その晩、キッドはアイリーンに電話をし「ある場所に行ってもう戻れない。君と息子と一緒に過ごせたことが一番の幸せだった」と伝える。

キッドが中華料理店に行くと、バーニーは金を返せばアイリーンのことは傷つけないと約束する。バーニーとキッドの2人で車に戻り、キッドがトランクに入っている金をバーニーに渡そうとすると、案の定バーニーがキッドを刺す。しかし、キッドもバーニーを刺し返し、バーニーが倒れ込む。キッドも死んだかと思いきや、覚醒して車を運転し始め、その頃アイリーンがキッドの部屋をトントンする映像で終了。

 

個人的評価

映画の満足度☆☆☆☆☆(星ゼロ)

感想・レビュー

寡黙だが腕は確かな男が静かにある女を愛し、彼女のために危険を冒す…様子をめちゃくちゃ格好つけて撮ってる映画。

キャリー・マリガンの可愛さなら分からなくもないが、それにしてもプラトニック・ラブの子持ちの人妻にここまでやるか?という感じ。

それを置いておいても、話に矛盾が多い。地元のただのゴロツキがマフィアの金を奪おうとするのがまず無謀すぎて、説得力がない。で、普段は殺し屋をしていない、華奢な体つきのライアン・ゴズリングがデカい殺し屋をバッタバッタと倒すわ、クックがスタンダードとキッドに強盗を依頼した時点で、ニーノはキッドの強盗作戦への参加を知っていて、金を持っているのがキッドであることは当然分かっているはずなのに、キッドがニーノに電話をかけると「お前は誰だ。さては素人だな」とかなんとか言って、手下に調べろと言うところとか、ストーリーが無茶苦茶。

また、バーニーがシャノンを殺す時は、太い血管の位置を知っていて、サクッと切って簡単に絶命させてるのに、バーニーがキッドを刺すときは突如、普通に腹を刺すスタンダードスタイルになり、まんまと殺し損ねるのも不自然。ひどいのは、キッドとアイリーンのキスシーン。殺し屋に背を向けて、キスするとか意味不明。そしてキスが終わるのをおとなしく待っている殺し屋も意味不明。

「ドライヴ(原題もドライヴ)」という名前の作品の割には、大したドライヴしてないし。いろいろひどい。 

video.unext.jp